C/S, Centre side ratioについて。

K.GE製品の基本

​リードメーキングにおいて重要なのは、必要なポイントをデータ化することであり、K.GEのリードメーキングマシンやリード、関連商品は全てこのCentre side ratio, (C/S)に基づいて展開しております。これはケーン中心点の厚さと、両端の厚さの数値差を表し、ケーンが一定の品質を有したものである場合、この数値が、ユーロタイプの場合 0.18/0.15、USタイプでは0.10/0.15が理想的なリードバランス数値としております。
 
(上部図)
 平面図…カマボコ材(黒線)/舟形材(赤線)
(下部図)
 左端図…C/S:0.10 (中心厚さ0.60㎜に対し、端の厚さ0.50㎜。差0.10mm)
 中央図…C/S:0.15 (中心厚さ0.60㎜に対し、端の厚さ0.45㎜。差0.15mm)
 右端図…C/S:0.18 (中心厚さ0.60㎜に対し、端の厚さ0.42㎜。差0.18mm)

 
French or German?
左側がジャーマン、右はフレンチ。
K.GE REED MAKING MACHINE
ユーロ(フレンチ・ジャーマン)それぞれ0.15と0.18、USタイプ5種類の展開。
あらかじめご使用の舟形を上記のC/S説明図
に従って計測し、それらの数値を基に一番近いものをお選びください。
マシンは0.15、0.18ともにEH用にも設定可能です。
※リード材や個々のリード設計によってもリードの完成に左右する事が
ございますので、マシンを選ぶ際には、
カ―シン来日時に実際にアポイントメントをお受けする事をお勧め致します。
​このマシンは色々な部分の微調整ができるので、様々な材や、タイプの違う
リードがつくれ、円形の刃は回転させることにより、常にシャープさを保ち、
ご自分でもサンドペーパー(#1500~#2000の目の細かいもの)で研ぐことができます。
K.GE OBOE
K.GEオーボエは全部で6種類。二種類のオールプラ管モデル、上管のみプラスチックのハイブリッドモデル二種類、オールウッドの上級モデル二種類。
*オーダーメード金管モデルもあり。

海外での流通増加の為、弊社は現在決まった在庫数が確保できず、基本お客様からお問合せがあった時点での楽器のお取り寄せとなります。
(オンラインショップ、HPへの楽器在庫数表示は現時点で行なっておりません。)

まずは一度弊社へお問い合わせください。

Andante e Rondoファゴットリードメーキングマシン。

the Conservatory of Music: "Istituto Superiore di Studi Musicali G. Donizetti" in Bergamo.の教授であり、ファゴット関連の著書も有する著名なイタリア人ファゴット奏者Giorgio Versiglia​氏のデザインによるファゴットリードメーキングマシン。

このマシンの日本発売にあたり、ファゴット奏者の依田晃宣先生(東京藝術大学管弦
楽研究部非常勤講師、藝大フィルハーモニア管弦楽団)に、一定期間モニターをお願
いし、使用感をレポートして頂きました。*比較の為、先生にはモデル1と2を試し
て頂きましたが、日本発売は新型であるモデル2のみになります。


“まずそのフォルムに驚きました。メイキングマシンのイメージを覆すような、青も
しくは赤を基調とした洗練されたスタイルです。基本的な仕組みとしては、プラーク
の先にあるテンプレートを交換することによって、自分の好みの削り方が簡単にでき
る様になっています。テンプレートは数多くの種類が用意されていて、その中から自
分に合ったものを探し出すことが出来ます。テンプレートの交換はネジ一つで出来ま
すので、ほんの数十秒での交換が可能です。例えばソロ用のリードからオーケストラ
でのシビアな低音域のppの為のリードまで、テンプレートを交換するだけで容易に対
応できるという点には、大いに助けられています。それに加えこのマシンの特徴とし
ましては、二階建ての構造とでも言うのでしょうか、立方体に近いフォルムをしてい
ます。従前のモデルと異なり、プラークとテンプレートを平行に配置したことによっ
て、奥行きが短くなりました。可動ハンドル部分の動きがモデル1に比べ、更にス
ムーズになり、より少ない力で削ることが出来るようになった印象です。また同時に、
今までメイキングマシンを使うときにどうしても気になっていた「カチャカチャ」と
いう音が格段に低減されました。隣近所を気にせずに昼夜を問わず削れるというのは、
案外ありがたい「機能」の一つかと思います。また、このマシンのもう一つの大きな
特徴としては、リードを削る刃の部分がラウンド状(円形)になっている事です。従
前のマシンでは、均等な削り方を維持していくためには定期的なメンテナンスが必要
でしたが、刃がラウンド状になった事で、刃を一定周期で回転して使用することによ
り、メンテナンスの面でもかなり有利になったのかなと感じました。ただ、(私もそ
うなのですが)直刃のナイフなどを使用されていた方にとっては、ラウンド状の刃が
何処に当たっているのか、感覚的に掴むのに少し時間を要するかもしれません。”

その他K.GEプロダクツ詳細とお値段は、オンラインショップをごらんください。